エイム 一覧

【スプラトゥーン】上達の手引きその2~エイム編~

シューティングゲームで勝つためには敵をたくさん倒さなければなりません。

それはスプラトゥーンでも同じで、極論を言えば全員倒してしまえばホコでもヤグラでも運び放題ですからね。

その1では立ち回りで生き残るすべを話しましたが今回は狙う力、通称エイムについてお話します!

 

ジャイロ操作に挑戦してみよう!

スプラトゥーンはスティックで狙う以外にもジャイロ操作でのエイミングがあります。

パッドを傾けて狙いをつけるあれですね。

任天堂より

2015y08m30d_184103961

 

 

初期のオプションできっちゃってる人も多いかなと思うんですがこれをONにして戦ってみましょう!

なぜかというと直観的に非常に細かなエイムができるようになるんです。

スティックを右に向けるとパッドを傾けるではスピードも違ってくるんですね。

 

あと、使うボタンが一つ減るのも大きなメリットです。

スティックに指を常に置いていると敵を狙いながらジャンプが非常にしにくくなっています。

 

最初はなかなかできないかもしれませんが細かなエイムができるようになるには必須かなと思ってます。

僕はFPSでずっとパッドでの操作でしたがスプラトゥーンだとジャイロじゃないと動かせません。

最初はなんじゃこりゃと思ったんですが慣れるとこれじゃないと操作できる気がしません。

 

なので、スティック操作でエイムに悩んでる人はちょっと気分を変えてジャイロで行ってみましょう!

ちなみに変更はパッドの右下からできますよ。

 

スポンサードリンク

感度を調整せよ!

ジャイロにせよスティックにせよ自分に合った感度というのが大事です。

感度というのは照準を動かした時のスピードですね。

高いほうが早く低いほうはゆっくりとした移動になります。

 

ここで重要なのが高ければ高いほうがいいというわけじゃないということ。

自分に合った感度を選ぶことが大事になってきます。

 

僕はFPSでは常に感度マックスの10とかで遊んでいたんですね。

なのでスプラトゥーンでもはじめから高感度で遊んでいたんですけど、、、

 

全然エイムが合わない!

 

高感度に振り回されてぐわんぐわんなっちゃってました。

でも、感度を-1くらいにしたところピッタリエイムが合うようになったんです。

そこからガチマッチでの打ち合いでも明らかに勝つ場合も増えてきたんです。

 

なので、今高感度の人は低く、逆に低感度の人は高くして遊んでみましょう。

個人的にはココがエイムのかなり重要な部分だと思ってます。

スプラトゥーンは0.5間隔で調整できるので少し戦って調整して自分に合ったポイントを見つけられればベストです。

 

 

試射場でシュミレーションせよ!

ジャイロの切り替え、自分に合った感度、そして実践!・・・の前にちょっと練習の時間があります。

装備のカスタマイズ画面に行くと試し打ちの場所に行くことができますよね。

 

ココ

2015y08m30d_183746098

この場所でダミーのイカ人形に向けてちょっと練習してみましょう。

練習すべきは自分の武器の最長射程。

威力が減退せずにしっかりあたる一番長い距離がその武器の戦うべき距離です。

 

この距離をつかんだら右に左に動いたり回りこんだりしながらもエイムはしっかり当て続けます。

こんな感じでやってれば実戦での大体の感覚はつかめます。

実戦でもその距離をできるだけ保って戦うようにすれば打ち負けることもぐっと減ってきますよ。

 

 

上手い人の動画を見てみよう!

これは個人差あると思うんですが僕は上手い人の動画を見るとなぜかエイムが上手くなります。

影響されてるのかわからないんですが動きがすごい機敏になるんですよね。

 

どう動いてどうエイムしてるのかが頭の中に入って、それを再現してるんだと思います。

・・・たぶん。

でもスポーツでも心技体といわれるようにモチベーションっていうのは大切です。

 

youtubeやニコニコで再生数の多い動画を探せば強い人の動画にたどり着けるはずです。

何事もまねごとから入るモノで、動き方とかを真似してれば意外とそれっぽくなるもんですよ。

 

ジャイロ操作、

感度の調整、

シュミレーションをする

 

この辺りを意識して何回も戦っていればエイムは上手くなってきます。

 

エイムがうまくなればシューティングはホントに楽しいです。

今まで使えなかったあんな武器やそんな武器まで使えるようになっちゃう!

 

ということで僕なりに考えたエイム講座は以上になります。

ご朗読ありがとうございました!

 

スポンサードリンク